東京の神社一覧

本社三島神社

東京都台東区寿に鎮座する三島神社(本社三島神社)の御朱印、由緒などの御朱印。弘安4年(1281)河野通有が伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を上野忍岡に勧請したことに始まる。宝永6年(1709)幕命により浅草小揚町の現社地に遷座した。

亀有香取神社

東京都葛飾区亀有に鎮座する香取神社(亀有香取神社)の御朱印、由緒などの紹介。建治2年(1276)香取神宮より御分霊を勧請し、村の鎮守としたことに始まる。地名に因み、社前に狛亀を安置する。

住吉神社末社 龍神社

東京都中央区佃の住吉神社境内に鎮座する龍神社の御朱印。文政5年(1822)に龍姫大神を祀り、天保10年(1839)白木屋に祀られていた大弁財天を合祀、龍王弁財天と称した。

日吉八王子神社

東京都八王子市日吉町に鎮座する日吉八王子神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。天慶3年(940)鎮座。文禄4年(1595)島之坊の俊盛が社殿を造営し、由井領の総鎮守・八王子十五組宿の祈願所とした。

豊榮稲荷神社

東京都渋谷区渋谷に鎮座する豊栄稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。昭和27年(1952)渋谷駅近くの田中稲荷神社に道玄坂上の豊沢稲荷神社を合祀。同36年(1961)現社地に遷座し、豊栄稲荷神社と改称した。

代田八幡神社

東京都世田谷区代田に鎮座する八幡神社(代田八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。世田谷城主・吉良氏が没落した後、その旧家臣7家が代田に土着、帰農し、鎮守として世田谷八幡宮から御分霊を勧請したことに始まると伝えられる。

志茂熊野神社

東京都北区志茂に鎮座する熊野神社(志茂熊野神社)の御朱印、由緒などの紹介。旧別当・西蓮寺の梵鐘の銘によれば、正和元年(1312)西蓮寺の住職が紀州の熊野権現から勧請し、下村の鎮守としたものという。

寶田恵比寿神社

東京都中央区日本橋本町に鎮座する宝田神社(寶田恵比寿神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。10月のべったら市で知られる。恵比寿神像は大伝馬町の名主・馬込勘解由が徳川家康から拝領したものと伝えられる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)